卵の賞味期限

卵のパック等に「賞味期限表示」が法律(食品衛生法)により義務付けられています。この賞味期限は、「生(ナマ)でたまごが食べられる期限」を示していますので、加熱調理すれば賞味期限が過ぎても大丈夫です。でも、いつまで大丈夫かが分かりません。
でも保存をちょっと変えるだけでもかなり長持ちすると思います。卵の丸い方(とがっていない方)には 気室という孔があります。卵は気室で呼吸をしていて、そこを上にして保存した方が長持ちするといわれています。卵黄が空につくと、雑菌が入る可能性があります。 卵が古くなって、卵黄がうかんできた時に、丸い方を上にしていると、この気室がガードしてくれます。そのために、殻に直接卵黄が触れることがないのです。卵の鮮度が保てるのです。

古くなった卵の見分け方

前述で卵は賞味期限が切れても加熱調理すれば大丈夫と述べました。では、いつまで大丈夫かというと、実際に割ってみてください。
卵料理をするときは一応は卵を割ると思います。通常は、卵黄のまわりの卵白のこんもりとした盛り上がりがあります。この卵白の盛り上がりがなくなったものは危険です。廃棄しましょう。
また、卵の鮮度に大きく影響するのが保存温度。特に夏場は、卵の温度変化に注意しなければなりません。お店で低温のチルドケースに陳列されている卵を購入しても、買ってきた後に室温で放置しておくと急激に鮮度が落ちてしまいます。冷蔵保存された卵を買ってきたら、そのままお家の冷蔵庫へ。卵に温度差が生じないようにしてあげることが肝心です。
夏場の卵の取り扱いでもう1つ注意したいのが卵を冷蔵庫から出すタイミング。食べる前、調理する直前に必要な個数だけ取り出すようにしてください。一度冷やした卵を急に室温が高い所に出すと、あっという間に卵が汗をかいてしまいます。卵の温度変化による結露、水分の付着は細菌の侵入を早めるので特に注意が必要なんです。

卵は冷蔵保存

スーパーで販売しているものに限らず、常温で管理・販売されている卵は、やっぱり心配です。
卵の鮮度は 保管温度によって大きく左右されますので、なるべくチルド販売されているものを選ぶ事をおすすめします。
また最近売られているものは、ほとんど採卵日(産卵日)と賞味期限が表示されていますので、採卵日からの日数があまり経過していないものをご購入されるとわりと新鮮なものが多いと思います。
卵を長持ちさせるために冷凍保存という方法も考えられます。卵をそのまま冷凍すると割れてしまいます。また白身は冷凍すると解凍できなくなります。
卵を冷凍保存するときは。卵を割りほぐして良く混ぜ合わせてから冷凍しましょう。

卵の鮮度と安全性